張り子でスレイプニルを作りました Sleipnir

幻獣

こんにちは 江戸張り子の工房 はりこのはやしやです

今日は8本足の馬 スレイプニルのご紹介です

張り子のスレイプニル | はりこのはやしや powered by BASE
北欧神話に登場する8本足の軍馬です主神オーディンの愛馬とされてきましたより詳しい記事は下記リンクよりブログ記事をご覧ください↓Sleipnir

手乗りサイズで可愛く仕上げてみました

森を歩いていそうな雰囲気になったかと思います

スレイプニルとは北欧神話に登場する神獣の一つで

主神オーディンが騎乗する8本足の軍馬です

アイスランド語のSleipnir スカンジナビア語ではSleipner と呼びます

これらは英語のslipと同じ系統の言葉と考えられており

「滑走するもの」などと解釈されます

北欧神話に登場する、雌馬に化けた悪戯好きの神ロキと、同じく北欧神話に登場する魔法の馬、スヴァジルファリの子供と言われています

北欧神話の主神にして戦争と死と詩文の神 オーディンに献上されたのちは彼の愛馬となります

8本の足を持ち、馬の中では最も優れた馬とされ、軍馬でもありました

非常に早く走ることができ、空を飛ぶこともできたといいます

近代以降の大衆文化における絵画では4本足だったりします

北欧神話における終末の日 ラグナロクにおいて、狼の姿をした巨大な怪物 フェンリルに、オーディンと共に飲み込まれてしまったとされています

ゆるくて可愛い雰囲気に仕上がりました

実はすごくかっこいい雰囲気で仕上げるつもりでしたが

何も考えずに楽しく制作していたら自然とこうなりました

自然体で制作するのは楽しいことです

張り子のスレイプニル | はりこのはやしや powered by BASE
北欧神話に登場する8本足の軍馬です主神オーディンの愛馬とされてきましたより詳しい記事は下記リンクよりブログ記事をご覧ください↓Sleipnir

最後までご覧くださりありがとうございます

また次回のブログ記事でお会いしましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました