江戸初期復刻犬張り子シリーズ 笑い犬

犬張り子

こんにちは 江戸張り子のお店 はりこのはやしやです。

今日は江戸初期復刻犬張り子シリーズ 笑い犬のご紹介です。

明治時代以降の犬張り子が猫のような丸顔なのに対し、

江戸の犬張り子はしば犬に近い、写実的な顔の造形をしていたのが特徴です。

はりこのはやしやでは、それを江戸初期復刻犬シリーズと呼んでいます。

今回の笑い犬は江戸時代の疱瘡避けの錦絵に登場する犬張り子を参考にしています。

作っていてこのお顔の笑顔に癒されました。

三毛模様が可愛いです。

本当に可愛い。と我ながらながら思っています。

次はこのお座りバージョンも作りたいなと思っています。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

また次回のブログ記事でお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました